脂肪吸引とは

脂肪吸引とは、読んで字のごとく皮下脂肪を人工的な手段で吸い出してしまうという美容整形術です。皮下脂肪は加齢とともにお腹や太もも、二の腕やウエスト、またふくらはぎや顔などといった部分に多くたまるようになってきてしまいます。脂肪吸引では、脂肪吸引官(カニューレ)をそれらの気になる部分に差し込み、脂肪を体内から吸い出します。
脂肪吸引はどの美容整形外科や美容クリニックで施術を受けても全く同じということはなく、その医院・クリニックで使用している設備や医師の技術力によって施術方法や料金が異なります。脂肪吸引は、よほど肥満が進みすぎて生命の危機にまで達している人に対して施されるものは別にして、美容目的で利用する場合には自由診療扱いの健康保険の対象外とされる方法です。よって、施術を受ける時にはかなり高額の施術料を用意しておく必要があります。
今のところ脂肪吸引の施術方法として開発されている方法としては「体内式超音波脂肪吸引(第一世代超音波脂肪吸引)」「体外式超音波脂肪吸引(第二世代超音波脂肪吸引)」「エルコーニアレーザー脂肪吸引」「PAL(パワーアシスト)脂肪吸引」「ボディジェット脂肪吸引」「ベイザー脂肪吸引(第三世代超音波脂肪吸引)」などがあります。
このうち、よく用いられているのは「ボディジェット脂肪吸引」や「ベイザー脂肪吸引」です。これらは施術を受ける患者さんの体に与える負担が大変軽くすむものとされています。